※音が出ますので注意してください。

日本料理への原点回帰とイノベーティブフュージョン

日本料理の伝統的技術、食材による季節感を深めながらも、時代の移り変わりとともに進化する現在進行形の調理方法や技術、調理機材など駆使し既存の概念に捕われず、食材に対してのアプローチもフレンチ、イタリアンなど枠を超え自由な発想で一皿一皿に表現いたします。「美味しい」物をつくることに必要のないこだわりは捨て常に今の一皿より次の一皿をより良くするためにイノベーティブしていくことが「美味しい」に繋がる。

滋賀県には海こそありませんが、琵琶湖をはじめたくさんの自然、そしてたくさんの生産者の方々が愛を込めて造った食材があります。その自然や滋賀県ではぐくまれ生産者の方々が大切に育て思いのこもった食材を受け取り、バックグラウンドや風景、熱い思いをお料理一皿一皿の中に表現しサービススタッフが皆様にお伝えすることでホテルビワドッグのお料理は完成致します。
人と人との繋がり、滋賀県の新たな食材や魅力をあますことなく感じて頂ける美味の数々。琵琶湖の畔に佇むホテルビワドッグだからこそご提供出来るお料理をどうぞお愉しみください。
日々進化し続けるお料理で皆様をお出迎えいたします。

ホテルビワドッグ料理長 中川龍介

※写真はすべてイメージです。 ※食べ物に関するアレルギーをお持ちの方は事前にご相談ください。
※食材の仕入れなどにより内容が一部変更になる場合や盛り込みの器が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

食物アレルギーのご案内について »

特別メニュー

ビワドッグ料理長4周年特別料理 近江牛づくしディナー〝饗〟

地元滋賀県名産近江牛とこだわりのおいしい地元食材をふんだんに使用し、
その厳選素材にホテルビワドッグ若き料理長が最新の技法と
オリジナルエッセンスを加えた新感覚の懐石料理でおもてなし。
『極上近江』を超える近江牛づくしコースをお愉しみ頂けます。
このプランでしか味わえない特別料理を是非ご賞味下さい。

  • 近江牛もも肉のトリュフGVと花韮のタルタル仕立て
    ~牛出汁と和出汁~
  • 近江牛 近江米
    ・松茸ご飯のももローストビーフ稲荷
    ・三筋の炙り握り
    ・サーロインの昆布〆 卵黄たまり漬け 飯蒸し
  • 近江牛すね肉煮込みと小蕪の白味噌
  • 鱧 賀茂茄子 無花果 菊花
  • 近江牛バラ肉の燻製 冷汁のイメージの付け合せ
  • 近江黒鶏と大中野菜のスープ
  • 近江牛ランプ40日熟成の藁香の塩釜焼き
    大中きのこの様々なアプローチ
  • お口直しのシャーベット
  • 5時間火入れの近江牛フィレステーキ
  • 近江牛もも肉の土鍋ご飯
  • 季節のデザート

ご予約はこちらから

日本海直送 豪快松葉カニづくしプラン

2018-19ビワドック松葉かにコース  日本海直送 タグ付き松葉カニお一人様2杯相当付き 豪快カニづくしプラン

大人気の日本海直送タグ付き松葉カニプランが今シーズンも登場!
解禁直後から約5か月間お楽しみ頂けます。
タグ付き松葉カニが愛犬と一緒に楽しめる至福の宿泊プラン!
この時期しか味わうことの出来ないひと時を是非お過ごし下さい。

  • せこ蟹
  • 松葉かにの造りと旬魚の造り盛り合わせ
  • 松葉かに 蒸し焼き石盛り
  • 蟹真丈 清汁仕立て
  • 松葉かに甲羅味噌焼き
  • 焼き松葉かに
  • 松葉かにすき鍋(大鍋にて)
  • 雑炊 香の物
  • 季節の水物

こちらのプランは7日前までのご予約に限ります。
こちらのプランで使用するタグ付松葉かには主に津居山、柴山、浜坂などの漁港に水揚げされた松葉かにを使用いたします。(漁港の指定は出来かねます。)
シケなどの状況により他の日本海の漁港より仕入れた松葉かにの場合もあり。
画像の松葉かに姿盛はコース料理には含まれておりません。
メニュー内容は仕入れの状況により変更なる場合がございます。

ご予約はこちらから

ご夕食

7月のおしながき

  • 大中産ヤングコーン 沢蟹 夏蕪
  • 賀茂茄子 グリュエールチーズ 蓮根
  • パッションフルーツ 順才 オクラ
  • 南京 ゴーヤ 豚 
  • 鰻 黒米 葱
  • 青紫蘇 近江牛 梅
  • 鱧 ライム おかひじき
  • 鮎 うるか
  • 本日のシャーベット
  • 近江牛と熟成肉味比べ or 近江牛味噌漬け 焦がし野菜ソース
  • 焼玉蜀黍 近江米 トリュフ
  • 枝豆 餅
  • プティフール

8月のおしながき

  • 根菜のモザイク 豆乳のバーナニャカウダソース
    (夏野菜 玉子 豆乳)
  • 近江黒鶏のGV 和風よだれ鶏(近江黒鶏 ナッツ)
  • 鱧のコンフィ 紫キャベツとクレソンのサラダ
    (鱧 紫キャベツ クレソン)
  • 原木椎茸の枝豆パン粉焼き(椎茸 枝豆)
  • ムール貝とラタトゥイユ (ムール貝 パプリカ 法蓮草)
  • ビーツのダッチオーブン火入れ サワークリーム
    (琵琶湖の恵みの一皿)
  • 青りんごと近江牛のパートブリック(青りんご 近江牛)
  • 鯒のカダイフ揚げ 冬瓜翡翠煮(鯒 冬瓜)
  • 鱸の蓼オリーブオイル焼き 夏かぶらすり流し
    (鱸 オリーブオイル 夏かぶら)
  • 本日のシャーベット
  • 近江牛と熟成肉味比べ or 近江牛と蓮芋の酢橘風味
  • 鮎 ズッキーニ 近江米
  • デザート

※8/4〜8/18は除く

お盆期間 夕食特別メニュー(8月4日~8月18日)

  • 新小芋と加茂茄子 コンソメジュレ 柚子パウダー
    (新小芋 賀茂茄子 柚子)
  • ロブスターと白桃のゼリー寄せ(ロブスター 桃)
  • 近江牛とビーツの最中(近江牛 ビーツ)
  • 帆立と黒キヌア トマトのマリネ(帆立 キヌア トマト)
  • 栄螺と枝豆のアヒージョ(栄螺 枝豆)
  • バターナッツのスープ 新生姜風味のヨーグルト
    (バターナッツ 新生姜 鱧)
  • 鮪と無花果のタルタル 白瓜のサラダ(鮪 無花果 白瓜)
  • 蛸と冬瓜のガリシア風(蛸 冬瓜 海ぶどう)
  • 鮎炭火焼き ズッキーニのソテー アスパラガスGV
    (鮎 ズッキーニ アスパラガス)
  • 本日のシャーベット
  • 近江牛と熟成肉の味比べ or 近江牛と水茄子のカルパッチョ
  • 鰻 パセリ 玉蜀黍
  • デザート

9月のメニューはこちら

ご朝食

7・8月のおしながき

  • スロージューサーを使ったフレッシュジュース
    (オレンジ or グレープフルーツ or グリーンジュース)
  • フレッシュサラダ
    自家製ドレッシング3種
    ・赤紫蘇ドレッシング
    ・すりおろし山葵ドレッシング
    ・人参と玉葱ドレッシング
  • スチームベジタブル
  • 南京と近江黒鶏のスープ
  • 賀茂茄子と豚のミートソース焼き
  • 鯛と緑のハーブのタルタル
  • 薩摩芋とクリスピーベーコン
  • レインボーニョッキとオリーブのマスタード和え
  • 烏賊 パプリカ 山椒ブラックペッパー仕立て
  • マッシュポテトのエッグスラット
  • 焼き立てパン(4種)
  • フレッシュフルーツ盛り合わせ
  • コーヒーor紅茶

※8/5〜8/19は除く

お盆期間 朝食特別メニュー(8月5日~8月19日)

  • スロージューサーを使ったフレッシュジュース
    (オレンジ or グレープフルーツ or グリーンジュース)
  • フレッシュサラダ *その日の地元の野菜を使用
    自家製ドレッシング3種
    ・胡瓜とズッキーニドレッシング
    ・梅風味のドレッシング
    ・人参と玉葱ドレッシング
  • 近江牛の煮込みと夏野菜のスチーム *その日の地元の野菜を使用
  • 大中ジャガイモのビシソワーズ
  • ローストポーク 山椒ソース
  • 米茄子の田楽チーズ焼き
  • しらすと隠元豆のレブエルト
  • 鶏とパプリカのエスカベッシュ
  • オレンジキャロット
  • 焼き立てパン(4種)
  • フレッシュフルーツ盛り合わせ
  • コーヒー
 

9月のメニューはこちら

愛犬用夕食

おしながき(要予約)

  • 近江地鶏と季節野菜のポトフ
  • ヤギミルクを使用したサーモンのリゾット
  • 豚肉と季節野菜のテリーヌ
  • 馬肉のたたき
  • 【メイン料理】 
    ①鹿肉のタルタル
    ②近江鶏の笹身炙り焼き
    ③白身魚のポワレ
    ※上記より1品お選びくださいませ。
  • 豆乳プリン
  • キャロブソース

塩・砂糖・醤油等の味の添加は一切しておりません。
素材本来の旨みを活かした愛犬専用のお料理です。
愛犬夕食写真はLサイズ。
愛犬用夕食は別途料金が必要です(下記参照)。

愛犬用夕食料金はこちら

愛犬用朝食

おしながき(要予約)

  • 近江鶏の出汁でボイルした旬のお野菜
  • 近江鶏のボイル笹身
  • 高野豆腐のクルトン
  • 魚フレークとトマトのペンネ
  • お麩の和風ラスク
  • 苺ヨーグルト

塩・砂糖・醤油等の味の添加は一切しておりません。
素材本来の旨みを活かした愛犬専用のお料理です。
愛犬朝食写真はLサイズ。
愛犬用朝食は別途料金が必要です(下記参照)。

愛犬用朝食料金はこちら

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー(PDF)

  • 宿泊日

  •  

  •  

  • 日数

  • 人数

  • 部屋

    部屋